Bistro le chat noir 〜猫とワインとパリの食卓〜

赤坂の住宅街で小さなビストロを夫婦2人でやっています                                                                  店名の由来は共に暮らす愛猫にちなんでフランス語で【黒猫】                                                                                               愛する猫、絵画、フランス・・・がいっぱい詰まった店内にて綴るマダムの日記です        

     ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚MARRIAGE MENU ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆
 2か月ごとにお料理とワインのマリアージュメニューをご用意しています

      9月&10月はバスク地方がテーマの秋色のメニューです
  ぜひ⇒http://lechatnoir.blog.jp/archives/2145709.htmlをご覧ください!







昨日の記事でお伝えした『猫の玉手箱』の掲載ですが、
最初のきっかけはこの子たち、
ウチの愛猫のノア(左:MIX・黒猫・女の子)
アッシュ(右:エジプシャンマウ・ブラックスモーク・男の子)がはじまりです。


もともとこの子達の日々を綴ったブログを去年の8月に始めて
その間、ブログを通じていろいろな方と交流させていただきました。

実は、もともとは「ブログってどうかな〜?」と、
あまり積極的ではなかったのです。
特に不特定多数の方の目にふれることで、
いろんな書き込みとかが入ってきてしまうのかな・・・などと、不安でした。
ところが、始めてみると・・・いろいろな方達ととても良い交流が出来ました
心無いコメが全くないわけではありませんが、
それ以上にステキな皆様との交流の方が大きかったのです。



そして、何より
この今回の雑誌掲載に至ったのは、
この猫のブログでお知り合いになれたoceangeckoさんのお陰なのです
以前にもご紹介の通り、ご自身の人気ブログ、
『浜辺の木陰のベンガルたち』
http://catsunderthetree.blog55.fc2.com/
にもウチの店のリンク&紹介をしていただいたり、
今回は、ご自身のブログが前回の号で掲載されたのをきっかけに
編集の方にお話をして下さったことで、掲載に至りました。
本当に☆本当にoceangeckoさん、ありがとうございます




ご来店いただくお客様のなかにも

「ブログを見て来ました

と、おっしゃっていただく方がおいでになり、
そんな時にはブログの話で盛り上がったり・・・と、
お客様との距離が縮まるきっかけになっています。



また、常連でおいでになる方も
ブログをご覧いただいてからご来店いただき、

「今日、ブログに載っていた新メニュー食べに来ましたー

と、おっしゃっていただくと何とも嬉しい限りなのです







・・・さてさて、
昨日のこの招き猫なのですが・・・・。
昨日、早速、友人のK君がご来店、

招き猫、探しに来たよー

と見つけに来てくれました


なかなか見つからないね〜・・・と、言いながら、
店内を散策(!?)・・・そして、発見


「写真のイメージだと大きいけど、こんなに小さいんだ!」
「この場所にぴったり置けるから買ったの?」

(・・・いえいえ、数年前に池袋の『ねこぶくろ』で購入したもの)

と、言って発見していました!




さてさて、
発見のヒントにはなりましたでしょうか? 






にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
「読んだよー!」の印に
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです
いつも応援ありがとうございます






『猫(ぬこ)の玉手箱』 (株)グリーンアイランド ¥1300


本日発売のこちらの雑誌に紹介していただきました
(P.69)







ま、店名がカタカナなのはご愛嬌・・・



「・・・えっ?レストランなのに、これ猫の雑誌では?」

と、思われた方も多いかと存じますが・・・。
店名=le chat noir(黒猫)とつけている位、
猫好き・・・そして我が家には2匹の猫がいるものですから
猫の雑誌にご紹介いただくのは、とても嬉しいのです



加えて、我が家の2匹の愛猫も別ページ(P.81)に
ご紹介いただいていてびっくり





ご担当いただいたY様、お気遣いいただいて誠にありがとうございます




さてさて、
お店の記事については、
『店内には猫にまつわるモノがありますよ〜
とご紹介いただきました。
そこで、今日は店内にある猫モノを少しご紹介。






まずは、
ご来店いただいた方はよくご存知のナイフレスト』(いわゆる箸置き)。
鈴をつけている左向きの猫と、
リボンをつけている右向きの猫があります。
一応、他に『犬』と『馬』をご用意していますので、
ワンちゃん好きの方のご予約の時には、そちらでセットさせていただいております
ご予約時にご希望があればおっしゃって下さいね







額縁の中には・・・・・
『マトリョーシカ』ならぬ、『ネコリョーシカ』(!?)が飾ってあります
これは、一番奥のお席の棚の上、地球儀なんかと一緒に飾っています。




            
  ピカソ        アレクサンドル・スタンラン

               ジャン・コクトー
  
 アレクサンドル・スタンラン・・&猫だらけ!?


・・・・・と、その他、壁に飾ってある絵については、
アイコンに使っている大きなポスターアートといい、
ほぼ猫の絵・・・です



そして、なにより商売といえば『招き猫』




ウチにもこんな派手な招き猫がいます
ただし・・・・
大きさは小さめ、ある場所に鎮座しております。
この招き猫、
分かりやすい場所にいるにも関わらず、
意外と発見されることがあまりありません。



是非、どこにいるか?
ご来店の際には探してみてください





にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
「読んだよー!」の印に
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです
いつも応援ありがとうございます







     『甘エビの塩蒸し』  ¥600


タパス(軽い前菜)にいちおし☆新メニュー登場です


甘エビを塩でじっくり蒸すことで旨味を閉じ込めて、
出来上がってからは冷やしてさっぱりと
仕上げにはオリーブオイルと軽くこしょう、
そしてレモンをたっぷりかけていただくと美味です


頭の部分のミソと、身には卵も入っていますので、
是非、殻ごと&一匹まるごと、ひとくちで召し上がってください
凝縮された旨味がお口いっぱいに広がって、
甘エビの美味しさにうっとりしていただけるはずです



おすすめは・・・・・
ビール白ワインシェリーなど・・・。


これからの季節にぴったりの一皿です





にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
「読んだよー!」の印に
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです
いつも応援ありがとうございます







まな板の上の鯉。。。ならぬ、
これは、まな板の上のスズキです。


業務用のまな板なので、わりと大きなまな板なのですが。。。。
それでもドーンとしたこの姿と、
何よりこの口を空けた姿。。。。。迫力あり過ぎです




例のごとく、この後さばかれてカルパッチョになるわけですが。。。。。
毎度の事ながら、

自然をいただいているな〜

と感じる毎日です





にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
「読んだよー!」の印に
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです
いつも応援ありがとうございます







月曜日恒例(!?)の今週のランチメニューです

ランチ:パスタorパエリャ+サラダ+ドリンク ¥1000
(写真はパスタ&コーヒーをチョイスの一例です)



今週は、

A チョリソーとナスのパスタ(おすすめ☆トマトソース!)

B 小柱とセロリのパスタ(おすすめ☆ぺぺロンチーノ!)

C シーフードパエリャ



です


パスタソースは先週までと同じく、

★ぺぺロンチーノ
★トマトソース
★クリームソース


からお選びいただけます




・・・そして2、なんといっても今週のトピックスは





ランチデザート、はじめました


プラス¥300で夜メニューで好評の『本日のタルト』を、
ハーフサイズでご提供させていただきます



・・・・・これは、ランチを始めてかれこれ2週間、
その間に、

『食後に甘いものをいただきたい

と、おっしゃるお客様が何人かおいでになったこと・・・から思いつきました。



そうですよね。。。自分もかつてランチをいただいていた時に、
食後に「ちょっと甘いもの・・・って思う時がありましたから。。。
かといって、しっかりしたボリュームではなく、あくまで「ちょっと」
(この「ちょっと」が午後の仕事を盛り上げる〜!。。。って大袈裟ですか(笑)



ならば2、せっかく夜メニューでご好評いただいているタルト、
ランチのお客様にも召し上がっていただければ・・・と思いました
さすがにそのままではしっかりボリュームなので、ハーフサイズで。




お茶と一緒に午後を前に
「ほっこりしていただけたら・・・と思います







にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
「読んだよー!」の印に
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです
いつも応援ありがとうございます

このページのトップヘ