Bistro le chat noir 〜猫とワインとパリの食卓〜

赤坂の住宅街で小さなビストロを夫婦2人でやっています                                                                  店名の由来は共に暮らす愛猫にちなんでフランス語で【黒猫】                                                                                               愛する猫、絵画、フランス・・・がいっぱい詰まった店内にて綴るマダムの日記です        

2009年04月



              


先日、雑誌の取材を受けたとのご報告をさせていただきましたが、
実は『東京ウォーカー』(4月24日発売号)の
「いまぐるコンシェルジュ・春限定の旬メニュー」という記事の112Pに掲載中です
(関東圏以外にお住まいの方、すみません
 HPからグルメウォーカー東京のTOPに飛んでいただけると、
 そちらの特集の「春限定の旬メニュー」に紹介記事がありますので
 よろしかったらご覧になって見て下さい




             


このひとつ手前の記事の『骨付き豚ロースとイチゴのソテー』が載ってます
この取材の時には、「どんな春の食材を使うか?」については、
掲載される各店とも内緒で、出来るだけ重ならないように・・・・・とのことでしたので、
それはそれは悩んだ・・・ものです
掲載店については、日本食、韓国料理、イタリアンなどがある・・・との情報はいただけたので、
最初は桜エビを使ってパスタ・・・と思ったのですが、
それは重なりそうだから・・・アヒージョ(ガーリックオリーブオイル煮)にしようか・・・とか、
あとは現在、メニューになっている『ウドのロースト』にしようかとか・・・・・。


そんな中、春の食材を元に考えるんじゃなくて、
発想を変えて、せっかくだからウチの一押しのメニューを春の食材と組み合わせる!
という方向で考えようと・・・思いついたのが、この豚クンとイチゴの組み合わせなのです




元々、フルーツを使ったお料理が好きなわたし達、
実際に調理して試食してみたところ、まさにゴールデンコンビでした。
雑誌掲載がきっかけで生まれたメニューですが、
この美味しさは皆さんにお伝えしたいと切に思いました






にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
クリックで一票入ります
いつも応援ありがとうございます


                                


     骨付き豚ロースとイチゴのソテー


いよいよGWもやって来ると同時に、めっきり春らしくなってきました!
そこで美味しいものでも春を感じていただけたら・・・・・と、
春を楽しむメニューを期間限定でご用意いたしました


いつもはシードルビネガーソースでリンゴとタッグを組んでいる豚クンですが、
今回はイチゴとタッグマッチ
豚肉のワイルドな味とボリューム感が、イチゴの甘酸っぱい爽やかさと相まって
心地よい味わいを楽しませてくれます
イチゴもソテーすることで、ジャムとはまた違った甘さと風味が引き出されています



お肉ながらも意外と甘めの白ワインやロゼワインが相性ぴったり
イチゴのプチプチ感と・・・たまりませんよー






にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
クリックで一票入ります
いつも応援ありがとうございます




         


                ブラックチェリーのタルト


本日からタルトがブラックチェリーになりました
前回、マンゴーのタルトをご紹介した時に、
「タルトは季節によって変えるのですか?」
というご質問をいただくことが多かったのですが。。。。。。
ウチのタルトは『思いつき』・・・なのです


タルトに限らず、その他のメニューも、
その日その日にシェフが仕入れに行って、いい食材だな〜と思ったものを使う・・・
と、いった素材発信のお料理が多いのです



今回はプリっプリっのホタルイカが手に入ったとのことで
パスタが『ホタルイカと春野菜のトマトソース』になっています。
プチっとはじける感触とほろ苦いミソの味を楽しんでください






にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
クリックで一票入ります
いつも応援ありがとうございます




   
           

              アンチョビーのホットサラダ ¥1200


ウチのメニューはどれも野菜が盛り沢山!
お肉料理の付け合わせにも、ゴロゴロ野菜が盛られています 
それは私たち自身が野菜がとても好きなこと、
そして野菜の美味しさを
もっともっと気がついて欲しいな・・・などと思ったりする思いから・・です☆



そんな中、その思いの最たるものがこの『アンチョビーのホットサラダ』です
キャベツ・カブ・にんじん・スナップエンドウをさっと茹で、
オリーブオイルとアンチョビーでいただくメニューです。
野菜本来の甘みと旨みがぎっしり詰まった、野菜がメインのお皿です。
野菜のラインナップはその時々で、
カブが大根になったり、エンドウがアスパラガスになったり・・・と、
日々の美味しい野菜をエントリー。
ついこの間までは、春らしくウドを入れたりもしてました。



・・・そう、そしてその「ウド」ですが、
昨日から独り立ちしたメニューとして出発!

*『ウドのロースト〜ポーチドエッグ添え〜』 ¥1300

いわゆるフレンチでホワイトアスパラガスのローストを
ウドでやってしまいました!というメニューです。



ウドを一本まるごとローストしたものに、パルミジャーノ、オリーブオイル、
そしてポーチドエッグを添えて、お好みでソースと絡めながらいただくお料理です。
酢味噌和えやきんぴらのイメージが強いウドですが、
意外や意外、洋風に変身するとおすましした、
ちょっとほろ苦いオトナの味の野菜になります☆




是非、野菜をたぁんと召し上がってみてください







にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
ぽちっとクリックお願いします
いつも応援ありがとうございます





  



             

           「こんにちは。マダムのくまままです」


・・・って、違う違う(>_<)、これはウチの黒猫のノアです。
よっぽどウチの猫(子)の方がマダムの風格があるので・・・・・。



・・・という位、私はまだまだマダムとして修業中・・・。
ダンナさまがシェフなので、一応私はマダムということなんですが・・・・・
まだまだ2、ひよっこ見習中でございます





お店がスタートする前に、
*グラスの磨き方
*ワインの扱い方(コルクの開け方&注ぎ方・・などなど)
*お料理の運び方

・・・などなど、その他もろもろ教わりましたが・・・「はぁ〜。。。」とため息

「私・・・出来るんだろうか・・・???」

と、一気に不安になると同時に上手く出来ない自分にイライラ。。。。。


鬼軍曹(=シェフ、丁寧に教えてくれるにも関わらず、その時にはそう見えた)相手に、
特訓をしてもらい、後は自主練で何とか形にはなりましたが・・・・・。
あとは昔取った杵柄(元・洋服の販売員)で話術で和んでいただく・・・と、
日々、奮闘中でございます



以前、販売員さんに研修講師をしていた頃、

「お客様の前に立ったら、その日が初めての売り場でも
意識はプロとしての立ち居振る舞いを!」

・・・などと、力説していた自分を思い出し・・・・・「あ、今の自分ではないか!」
と、改めて律する毎日。





お客様のステキな時間を演出するために、
いかにさりげなくサービスをご提供するか・・・・を今週も見つめていきながら
le chat noirは日々、精進して参ります







にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
   
ぽちっとクリックお願いします
いつも応援ありがとうございます




    

このページのトップヘ